時代劇

太陽を抱く月のおすすめポイントとレビュー

こんな方におすすめ
  • エンターテイメント要素のある歴史ドラマがお好きな方
  • 切ない恋愛ストーリーで胸が締め付けられてみたい人
  • 泣いてストレス発散したいと思っている方

太陽を抱く月のポイント

原作は「トキメキ☆成均館スキャンダル」の作者チョン・ウングォルのベストセラー小説です。

原作も韓国で100万部以上のベストセラーとなっており、ドラマも最高視聴率46.1%を記録した超人気作品です。

純愛、三角関係、記憶喪失、運命、そして歴史ドラマならではの陰謀や権力、呪術の要素を加えた究極のエンターテインメント時代劇です。

紹介動画はこちら↓↓↓

詳細情報

基本情報

脚本家 チン・スワン
出演者 キム・スヒョン、ハン・ガイン、チョン・イル、ユン・スンア
公開年 2012年
話数 20話

あらすじ

太陽のようにあたたかく輝く王子フォン(ヨ・ジング)、太陽を優しく抱く月のような少女ヨヌ(キム・ユジョン)。

運命に導かれるように恋に落ちた二人。

しかし、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病にかかり命を落としてしまう。

その陰には、朝廷の権力争いによる陰謀が…。

そして、同じ空では決して輝くことのできないもうひとつの太陽の存在が…。

それから8年。若き王となったフォン(キム・スヒョン)は、ヨヌを忘れられず心を閉ざしていた。

死んだはずのヨヌ(ハン・ガイン)は、過去の記憶をすべて失い、巫女としてこの世に生きていた。

ある夜、偶然の出会いを果たす二人。

運命の歯車が再び回り始める…。

『太陽を抱く月』私のレビュー

まず、子役の配役が最高ですね!

イ・フォン(王)の子役はそんなに好みではありませんが、ウォルの子役(キム・ユジョン)は本当にかわいい。

トンイの子役の時も「可愛いなぁ・・・💛」と思っていましたが演技力もバツグンですね。

陽明君の子役(イ・ミノ)も、ホ・ヨムの子役(イム・シワン)もカッコイイ💛

ウォルの大人の配役ハン・ガインには賛否両論あるようですが、私もハン・ガインじゃなくてもよかったかも・・・。なんて思います。

脇役のソル(ユン・スンア)の方が可愛い・・・(;^ω^)

配役の見解はこのぐらいにしてストーリーはすごくよくできていると思いました。

幼くして亡くなった(と思われた)ヨヌを思う人々(イ・フォン、ヨヌの母、ヨヌの兄、陽明君・・・)。

特に母の泣く姿には思わずもらい泣きしてしまいます。(親世代だから余計にかなぁ・・・)

私は時代劇好きでかなり色々見たのですが、どの作品を見ても「王って苦しく、辛いことばかりだな。」と思います。

一番権力があるはずなのに、一番思い通りに振舞えない。

本当にかわいそうで・・・。

毎回続きが気になって一気見してしました。おすすめの名作です!

気になる韓国ドラマの続きを無料で見る方法

BS・CS・GYAOなどで見始めた韓国ドラマ。

続きが気になって翌週まで待てない💦

そんな時にはVOD(ビデオオンデマンド)の無料トライアルで続きを一気に見られるかも・・・♪

おすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスは

U-NEXT(ユーネクスト)

無料トライアル期間も31日あるし、

気になるドラマの続きを無料で一気見しましょう!

詳細ページ公式ページ